アレルゲン

マスク姿の人が多くなる様子は、日本独特の光景で、外国人から見るとかなり奇妙な光景に見えるようです。またついさっきまで平気であった人が、突如発症するのがアレルギーの怖いところです。「人間、一人ひとりが、それぞれ大きさの異なるコップを持っていて、そこにアレルゲンとなる物質が溜まっていき、コップからあふれた時に発症する」とよく言われています。多くの日本人を苦しめる、スギやヒノキ花粉と同じくらいのアレルギー患者を生み出しているもうひとつのアレルゲンを知っていますか?それが、ダニです。ダニは、現在、日本でスギ花粉と並んでのアレルゲンの2大巨頭となっています。屋外ではスギ花粉が、家の中ではダニが、脅威となっていると言えるでしょう。ぜんそく、アトピー、鼻炎、皮膚炎、結膜炎といったアレルギー症状は自覚していても、その原因にダニが関与している可能性までは気づかない、そのような人がほとんどではないかと思います。